◇ 基本のルール ◇
 
トップ
はじめに
ゲームルール
1章『基本のルール』
2章『探索のルール』
3章『都市のルール』
4章『錬金術のルール』
1.ゲームの基本
2.キャラクターの作成
3.キャラクターの能力
4.チャート
5.ゲーム画面の説明
 
 
◇ ゲームの基本 ◇
 
 『パッフェルベルの鐘』はTRPGをモチーフとしたゲームサイトです。
 TRPGとは、テーブルトーク・ロール・プレイング・ゲームの略称です。
 テーブルを囲んで、ロール(演技)しながらプレイする(遊ぶ)ゲームのことです。
 
 TRPGの長所は、コンピュータゲームと違い、遊びの“自由度”が高いことです。
 1人のキャラクターに1人のプレイヤーがいるため、様々なストーリーが紡がれます。
 『パッフェルベルの鐘』では、その利点を活かしたシステム作りを目指しています。
 
ページ内リンク:ゲームの進行判定 
 
 
■ ゲームの進行
 
 『パッフェルベルの鐘』では、実時間に応じて【行動力】というポイントが与えられます。
 このポイントを消費することで、キャラクターが様々な行動を起こせます。
 
 【行動力】の単位は“アクションポイント”の略で“AP”と表されます。
 10分で1AP、1日で144APを獲得できます。
 最大300APまでを貯めることができますが、それ以上は無効になります。
 さっくりと、長く遊べるゲームを目指しています!
 
 なお、【行動力】はゲームにログインをしたタイミングで増加します。
 その基準となるのが“前回ログインした時間”と“今回ログインした時間”の差です。
 
 10時にログインし、20分後にログアウト、11時30分に再度ログインした場合。
 経過した時間が90分なので、2回目のログインした時に9APが増えます。
 
 また、超過し無効になった分の【行動力】は、一部がキャラクターの所持金になります。
 
 
■ 判定
 
 TRPGの特徴として、ダイス(サイコロ)を利用した“判定”があります。
 キャラクターがある行動を行った際にダイスを振ります。
 その結果で、その行動の結果が成功失敗をランダムに決定するのです。
 
 『パッフェルベルの鐘』では10面体ダイスと呼ばれるものを使います。
 判定には難易度と目標値、達成値とアクシデントがあります。
 
 基本として、判定は何個かのダイスを振ります。
 ダイスの出目が難易度以上ならば、達成値が増えます。
 達成値が目標値以上ならば、その行動は成功となります。
 
 
○ ダイス
 ダイスには「1」から「9」までと「ベル」の10種類の出目があります。
 ダイスの結果は、小さな画像によって表わされます。
 そのダイスとダイスの間に背景と同色によってダイスの出目が隠されています。
 これは、判定の結果をコピー&ペーストしやすくしているためです。
 
○ 判定能力
 判定では行動やキャラクターの能力値により、振るダイスの個数が変わります。
 ダイスの個数は、この判定能力の値が基本となります。
 能力値については、[1−3.キャラクターの能力]を参照にしてください。
 
○ 難易度
 基本として、優秀な道具を持っていれば、行動の難易度は下がります。
 難易度は2未満になりません。
 
○ 目標値
 行動により目標値が変わります。
 難しい行動ほど目標値が高くなります。
 
○ 達成値
 振ったダイスの出目が、難易度以上ならば達成値は1点増えます。
 もし出目が「クリティカル(ベル)」ならば、達成値は2点増えます。
 
○ アクシデント
 振ったダイスの出目が、「1」ならばアクシデントが1点増えます。
 行動により、アクシデントの効果は変わります。
 
 
前へ 戻る 次へ